ワサラー団公式サイト(Twitter→@wasarabit)

わさらーのブログです。ワサラー団連絡板。

じょうろ子「ユウアキさん!クイズやりませんか?それとも私の作り出した変な液体を飲みませんか?」

優明「後者いらんわ!変な液体作り出すのが日課なの??クイズ……?」

じょうろ子「むしゃぶりつきたくなるナイスバディに誰でもなれるクイズ番組を作ろうと思いまして。」

優明「クイズ番組なのに身体的効果が!?どうせ下ネタ満載でくだらないクイズなんだろ?」

じょうろ子「失礼ですね、ぐたらなくなんかないです。」

優明「下ネタは否定しないのかよ。」

じょうろ子「まぁ、ある意味下ネタですから。題材はアキフミです。」

優明「最低の下ネタだな!!見損なったぞ!!まさかお前がそんな………」

じょうろ子「名付けてクイズマジックアキフミーです!」

優明「そんなのがゲーセンにあったら、おれはそれをハンマーで破壊してまわるだろう………」

じょうろ子「DSもでますよ。」

優明「画面をタッチして、ガサガサのお肌にクリームを塗ろう!みたいな……」

じょうろ子「Bボタンを押すたびにアキフミが増える、みたいな………それでは、始まりますよー!クイズマジックアキフミー!」

優明「いいねいいね!なんかわくわくしてきたよ!」

じょうろ子「この番組の製作費は優明さんのお父さんのへそくりから出ています。」

優明「親父かわいそう!!」

じょうろ子「それじゃ、ルール説明です。こちらのモニター、いいえ、ガサガサをご覧ください!」

優明「ガサガサって一体なんだよ!」

ガラガラガラガラ

優明「あーあ・・・こんな手の込んだセット作っちゃって……。(親父の金…)」

じょうろ子「解答者は二名です。お二人にはゲストの私物、いいえ、ガサガサをかけて早押しクイズに挑んでもらいます。」

優明「だからガサガサってなんなんだよ!モニター以外にも応用できる言葉なの!?」

じょうろ子「それでは登場していただきましょう!ICレコーダーの黒夢さんです!」

黒夢「え!?えっと?あ、あの、ここはどこですかっ!?あたしなんでこんなところにいるんですかぁっ?!」

優明「みくるかーー!!」

じょうろ子「続いてもうひとりの解答者にご登場してもらいましょう。」

優明(何故か黒夢ちゃんは縛られて目隠しされてるけど、エロくてGJだから触れないでおこう………)

じょうろ子(貴方、最低です。)

優明(心を読み合うんじゃない!)

じょうろ子「お待たせしました!解答者のTAKUOさん!どうぞ!」

オーディエンス「きゃーっ!TA☆KU☆O!!(キモい!)」

卓男「フヒヒ、照れますなぁ。さすがは僕の人気。まぁサインはあげないけどw」

優明「筆者は卓男のキャラを思い出せるぞ!きっと!」

じょうろ子「ただうざいやつにすればいいだけですものね。」

優明「適当な・・・」

じょうろ子「えー、ではさっそく第1問目の賞品を発表します!」

優明(黒夢ちゃん関連………?まさか何かエロ………)

じょうろ子「ずばり!黒夢さんの腕に付けてるアレです!」

卓男・優明「アレか!!」

卓男「むふふ、黒夢ちゃんの腕に付けてるアレにボクの白いアレをアレしてやる・・・。」

優明「白いアレとか引くわ………」

じょうろ子「素直にスペルマと言えばいいんです。」

黒夢「い、いやぁ・・・。私にはなんのことだかさっぱりわかりません………とりあえず、恐ろしいことだということだけはわかります………。」

優明(もらっても黒夢ちゃんに返せばいいか………)

じょうろ子「早押しですからね。さきに押した方に解答権が与えられます。(当たり前だろ)第1問目!ガサガサぁーQ!あ、いや、ガサガサ!!」

優明「言い直した意味あるの!?ガサガサーQで十分伝わったよ!!」

第1問

「アキフミは中学のとき、よくハミチンすることから・・・」

ピンポーン!

じょうろ子「優明さん早い!まだ私がイッてないのに!(問題を最後まで)」

優明「『よこちん』!(じょうろ子の台詞はスルー)」

ブーッ!

優明「なっ!?」

じょうろ子「不正解です。優明さんお手付き!卓男さんは問題の続きを聞いて答えられます。」

第1問

「アキフミは中学のとき、よくハミチンすることから・・・よこちんと呼ばれていましたが、今年11月、アメリカ大統領になったのは誰でしょう?」

優明「アキフミ関係ねぇぇえーっ!アキフミの痴態を晒したかっただけ!!?」

ピンポーン!

じょうろ子「はい卓男さん!」

卓男「・・・・・・オバマ!」

じょうろ子「FA?」

卓男「ファ○ク・・・ア○ル・・・」

じょうろ子「正解!」

優明「どっちにだっ!!」

じょうろ子「もちろん問題にです。」

優明「くそお………」

卓男「馬鹿だなぁ君は。早押しといったら引っかけが基本だろ?アキフミ以下だね」

じょうろ子「人類始まって以来最大の侮辱、きましたね」

優明「いや、なんかもう慣れたよ………」

卓男「アキフミ以下アキフミ以下アキフミ以下」

優明「やっぱりやめろぉぉぉ!!」

じょうろ子「精神崩壊寸前ですね。アキフミ以下さん。」

優明「マインドクラッシュさせないで!?」

ピロリロリーン

じょうろ子「あ、はい。進行ですね?わかってましたー。」

優明「プロデューサーーいんのか!?あ、こないだのわさびとらんぼーラジオの会場のプロデューサーじゃん!」

プロデューサー(やよいたんハァハァ)

優明(そっちのプロデューサーさんか!)

じょうろ子「賞品授与でーす!アシスタントののて!引っぺがしちゃえー!」

黒夢「いやぁあ・・・っ」

のて「ちっちっち、往生しろや!ですち!」

優明(その場で脱がすのか。確かに、盛り上がるかもな)

紗代菜「どこが盛り上がるの?ここ?」

優明「え?紗代!?つかまた読心!?ていうか、どこ触ってんのよ!」

紗代菜「言ってほしいの?ふふ、かわい・・・。」

優明(なんかこの紗代・・・イイ)

卓男「ふはふは・・・黒夢たんのニホヒがするおー。」

黒夢「・・・気持ち悪い…」

のて「さて、このあともクイズ番組はだらだら続いたですちが、放送コード無視しまくってたから、実はとっくに放送中止になっていたらしいですち。

え?黒夢ちゃんはどこまでぬがされかたかって?

それはDVD版までのお楽しみですち!絶対買うでちよ?バイバイちー♪」

ブチン・・・

雪中「のてカワエエな。

なかなか読む暇なくて返信遅れたけどw