ワサラー団公式サイト(Twitter→@wasarabit)

わさらーのブログです。ワサラー団連絡板。

iPhone5SをiPhone5Cっぽくするには iPhone5C風

iPhone 5Sの純正レザーケース買いました。

今更。PRODUCT RED なので、エイズマラリアへの寄付も自動的にされます。

いい感じ!

普段使っているiPhone5sを使うのが、さらにわくわく楽しくなるiPhone5s純正ケースはこちら!

って感じですね。ケース変えるだけでこれだけ嬉しい気分になれるなんて。ケース舐めてた。

レビューとかすると特定されるから嫌なんですが、もしかして?と思ってもいやいやそれは僕じゃありません、ということでとりあえず書きます。

何故この製品を買わなければいけないと思ったかといえば、街で見るiPhone 5Cがクソかっこいいなぁと思ったからであります。

iPhone 5Sの方が高くて高性能なはずなのに、デザインとしてiPhone 5Cの方がいい!かっこいいかっこいいうらやましい!!とか思わなきゃいけないのは納得いかなかった。

そこで、

ケースをiPhone 5Cっぽくすればいいんじゃね?

と思いついたのでした。

さて、ここでiPhone 5Cの格好良さについて説明させていただきましょう。

発売当初、

なんだあのチャチな質感?

そして色褪せたカラーw

誰が買うんだ(笑)

とか思っていた輩も、そろそろiPhone 5Cの格好良さに気付いたはずです。

フラットデザインカラーを意識しただけではなく、

さらに先をいったあのカラーリング!!

iPhone 5Cがダサいとか言ってる人は全くわかっていませんね、そもそもアップルが提唱したデザインをダサいとか言うのがナンセンスです。Appleがデザインの流行を作り出すのですから。

iPhone 5Cがデザイナーさんたちに使われることにより、全世界のデザインがAppleの提唱したデザインに近付いていき、それが格好いい!!となるのは明白じゃあないですか。

Windows8のフラットデザインは、、、

なんでもありません。

さて、そのiPhone 5Cに近づけるためのケース・・・これがまた、全然無いんです。

探しに探してたどり着いたのは、iPhone 5S 純正レザーケースでした。

みた感じかっくいい!

てのはまぁいいとして、色としてもなんとなくiPhone 5Cを彷彿とさせますし、

フィットした感じもまさにiPhone 5Cなのではないかと

製品画像をみて思ったのでした。

一般のショッピングサイトだと、届くのは全然違う色や質感だったり、といったことが考えられますが

Appleです、たぶんそんなことはありません。

注文しました。三日後くらいに届きました。

いやー待ちに待った純正ケース!

かっくいいーー!!

箱の中に入ってるのがかっくいー!

ケースの中に入ってるケース、これがかっくいい!

このまま保存しておきたい!!

さすがApple!純正のアクセサリの包装も抜かりないのね!

というのはさておき、装着してみました。

ん!ぴったり!(当たり前)

ぴったりではありますが分厚いので、普通の市販ケースとかさばり率はあんまし変わりません。

質感としては、思ったより皮です。

ほんとはツルツルのiPhone5Cと全くおんなじ感じになるケースを出して欲しいところなのですが。

そんなん出るわけない。

画像でみるととても皮には見えず、また使用当初も革感たいして無かったのですが、しばらく使用してみると革らしくなってきました。

最初は無駄に滑って持ちにくかったのですが、それは本当に最初だけでした。

うーん!iPhone 5Cの色とはちょい違うけど、大体おんなじや!

ということで、私の目標は果たされました。

あとはiPhone 5Cの純正壁紙にして、完璧!

結構完璧。この壁紙、設定画面から変えられるのね。。。今回初めて知った。

iPhone 5C買うとしたら、多分REDは買わないでしょうけども、このケース群の中だったらブルーかレッドかなぁって感じだったので。しょうがなくレッドですね。イエローもありかな。

ブラウンとかは地味すぎて意味がありません。

ですが、これ、皮なので、どうやらどんどん汚れていくみたいなんですね~

iPhone5Cっぽくなくなるやないかー。

それは不本意ですが、革製品の楽しみってまさに使用していくうちの馴染みだったり汚れによる質感の深みだそうなので、しょうがないかなぁと。

そこはそこで楽しんでやるぜ!俺の手垢を食らえ~!!

なにせスティーブジョブズさんは、使用していくうちのiPodだったりiPhoneの汚れこそがかっこいいんだ!と豪語していたそうなので。

使用していくうちに自分色に染まる革製品の純正ケースってのはまさにそこを汲み取ったAppleらしいアクセサリといえるんじゃないでしょうか。

かといって裸での使用は微妙です。物を大切にするのが日本人だよ!そうだよね、みんな!!

てか、スペースグレー、ダサい・・・・

取りあえず、このケースの格好良さはダンチです。

非純正品ではまず到達し得ないデザイン性を持っていると思います。

フィット感とか、色とか、質感とか、ロゴとか。

ほんとに、抜きん出て違う。

デザイン性求めるなら純正品一択なんだなぁと感じた次第でございます。

個人的にカメラ付近の穴にはめ込まれた黒いプラスチック部分がポイント高しなんですが、これどうやら、フラッシュの反射防止のために取り付けられてるようですね。

さすが!高いだけある!!

高いといっても、4000円くらいなので、変なケースいろいろと悩んで二つ買うよりはAppleお墨付きのこのケース一つ買う方がコスパいいんじゃないか、ともいえます。

まぁとにかく、良いところとしては

・iPhone 5Cっぽくする一番最適な方法である

・かっくいい、オシャレ

・革だから使えば使うほど味がでる

・それなりに持ちやすい

なとこがあげられますかね。

ダメなところとしては、なんといってもイヤフォンジャック部分でしょうね。ええ。

これはまぁなんかもう、デザインにこだわるあまりユーザビリティかなぐり捨てた感じですかね。Appleらしいともいえる。

どういうことかというと、ケースのせいで穴が深くなり、ストレートタイプのイヤフォンジャックしか入らない。

先が曲がったイヤフォンじゃ届かない。

ひどいですね。

なのでiPhoneで音楽聴く人とかは死ねるかと思います。

僕のK414Pもダメでした。ただ、オーテクの曲がったイヤフォンジャックは細かったんでいけました。

はいそして、充電器のコードも純正しか刺さりません。

というか、僕のが非純正iPhone 5S用充電コードだったんで繋がらなかっただけなんですけども。

仕方ないので、コードのさきっちょのプラスチック部分をカッターで削り取りました。

そしたら充電できました。

これ、大丈夫なんかな・・・大丈夫じゃなかったら皆さん、教えてくださいませませ。

あと、なんか充電するとこの近くが割れやすいみたいです。

そんなこと言ってるYouTube動画がありましたよ。

他の悪い点は、右上のスリープボタンを押した感触がぼぼ無くなること(これはあくまで感触の問題なのでそこまで困らないかも)、マナーモード切り替えスイッチがケースの奥深くに沈み込み、切り替えにくくなること、などがあげられます。

まぁ、慣れますかね。

ということで、

私は今のところ大変満足していますが、

人によってはユーザビリティ下がったなぁと思うのは否めないかと思います。

延長ジャック買いましょう。

使い込んできたらどうなるか。

まだ使ってみて二日目ですが、スマホ廃人すぎて(スマホは最早俺の臓器)、早くも角あたりに黒っぽい汚れが付いてきたような気がします。

あと、めっさ手に馴染んできた気がします。

これ一週間経ったら化けるで!!汚く、そしてより持ちやすくなるはず!!

いいね!!!(汚れは拭きましょう)

数ヶ月使ってどうなったか、

それはまたブログに書くかもしれません。

今更でしたが、iPhone 5S 純正ケース レビュー でした。

以上です。