ワサラー団公式サイト(Twitter→@wasarabit)

わさらーのブログです。ワサラー団連絡板。

紙媒体の素晴らしさ

携帯百景(ケイタイヒャッケイ)

痛いニュース(ノ∀`) : 「紙があって、よかった」 日本新聞協会が一斉広告 電子化に必死の抵抗 - ライブドアブログ 

書籍電子化の波は進んでいます。

まぁもちろん出版業界もその波に乗ろうとしてますし、過去にいくらでもチャレンジしてきています。ですが成功には至っていません。

様々なフォーマットがあり、なかなか統一化できないのですね。そこは長くなるので端折るとして・・・

紙はなくならないと思うんですよねー。質感が嬉しいとかそういうことじゃなくて、

電子書籍電子書籍で便利だけど、紙は紙ですごい手軽じゃないですか。

アナログの素晴らしさ、私、知ってます

紙は、素でマルチタスクな使い方ができるんですよ。

電源いらずですからね。どこでもいつまでも読めます。すごいですよ!!紙やべえ!!メモリも食いません!!!

なんといっても図とか書けちゃいます!!線とか自由にひけちゃいます!! ここに「~~~~」!! みたいに、やじるしひいてきてアイデアとか書けちゃいます!!!

ページが折れます!すぐにそのページを開けます。

~ページを開こうと思ったら、すぐに開けます!!

そのページを開いたまま、別のぺーじを簡単に読み返せます!!!!

電子書籍ではできない、紙書籍ならばできること。いくつかは電子書籍でもできるようになるでしょう。

ですがどうしても紙には負ける部分が多くあります。

あとは・・・そうですね、コレクション性ですね。サイン入り書籍とか、無くなってしまうと悲しいではありませんか。

封入ペーパーもありません。画像でもらったって・・・・そんなの嬉しいですか??

他にも・・・どこでも読めますね!!お風呂で読めます!!汚れたっていいんです!読んだら捨ててしまえる!!

iPadキンドルは・・・ダメですよね。壊れたら困ります。それ自体が高価なものですし、データもたくさん入っていますから。

雨の日に読むのもちょっと億劫になってしまいますね。本なら自由です。

辞書なんかは、使って手垢がついて、ぼろぼろになっていくのが快感ですらありますね。

ぼろぼろになって読めなくなるまで、勉強したいじゃないですか。電子書籍ではそれが無いんです。

まだまだ、私たちが死んでしまっても紙媒体は生き残り続けると思います。紙の本は無くなるよ!とか言ってる人がいますが、そういうのは真に受けません。

アナログの素晴らしさ、私、知ってます