ワサラー団公式サイト(Twitter→@wasarabit)

わさらーのブログです。ワサラー団連絡板。

おいしかった

1262475067-DVC00998.jpg
ふいー食った食った。おいしかった ぎ郎


昨日から超食べたかったんだよねー今日の昼もラーメンだったけど・・・・

なんで昨日食べたくなったかといえば、

有名なラーメン二郎のコピペ

チラシの裏すんません~

いやー、昨日のセカンドはやられました。はめられました。

第一ロッター・・・・・小カタメ少なめ 第二ロッター・・・・・小カタメ

第三ロッター・・・・・小カタメ麺半分 第四ロッター(俺)・・・大

見事デスロットです。今思うと前の三人、確信犯だったと思う。

知り合い同士みたいだったし(てかよく見る奴らw)、第三ロッターのメガネが俺の食券見た後、前二人とひそひそ喋ってた。

『あいつ、ロット乱しにして恥かかしてやらない?w』こんな会話してたんだろうな・・・

いつも大を相手にしてる俺に嫉妬してんだろうな。。陰険なやり方だよ。正々堂々と二郎で勝負しろよ。

正直ロットタイムは心臓バクバクだった。でも俺は覚悟決めた。この卑劣なやつらに勝負挑んだよ。

ロット乱して店主に恥かかせるわけにはいかないし、一応ここの常連の看板背負ってるしね。

焼け石に水かも知れないけど、一応ヤサイは少な目コール。

三人もさすがよく来てるだけって(あえて常連とは呼ばない)素早いフットワークだった。

やきもきしながら俺も遅れて戦闘開始。タイムラグは二分近くはあったと思う。

今俺がすべきことは二郎を味わうことや、ロットリズムを楽しむことではない。

『いかに早くこのブツを胃袋にぶち込むか』

これだけを考えた。

結果ですが、なんとか三位に入ることができました。。あいつらの唖然とした表情は俺の最高のデザートだった。

平常心を装ってさりげなくいつも通りの『ごちそうさま』と店主に軽く会釈

その時、店主と目があった。店主の目は少し笑っているようにも見えた。俺もついに店主に認められたかなw

三馬鹿トリオがその後どうなったのは知りません。しかし一言だけ言わせてもらう。

『勝負する時は相手を選べ』

以上レポっす。チラシの裏すんません。

ジロリアンでないと分からないような単語目白押しだろう。実際そうでない人がこれを読んで意味が分からないかは最早自分には判断つかないけど・・・。

このコピペに興味を持った人はこちらをどうぞ二郎コピペあれこれ

で、動画

ラーメン二郎」のコピペを音楽にしてみた‐ニコニコ動画(9)

のあと、

ひたすらラーメン二郎

とか見て、すっごく食べたくなったのでした。そりゃあ食べたくなるよね!

本当は二郎がいいんだけど・・・近場だと無いので。。。

町田のぎょうてん屋は、友達とも一緒に行けるし、女の子も入れる店なので素晴らしいですね。

以下ネタコピペ

大豚W全マシが俺の前に置かれる。難攻不落の要塞さながらのその野菜の山に、

俺はさっそく箸を刺しこみ、胃袋に詰め込み始める。

しかし、今日はいつもの単純な、自分との戦いではない。俺は自分の要塞を攻略しつつ、店内を注意深く監視する。

さっそく発見。盛りの豪快さをネタに、しゃべりまくる二人連れの学生。

――ロット乱しの元凶その1、『不要な私語』。ギルティー。

俺は勢いよくテーブルをバシッ!と叩く。その音に驚き、店内に再び静寂と規律が戻った。

そしてその隣!長い髪を気にしながら、上品にすぼめた口で一本ずつ麺をすすりこむOL!

――ロット乱しの元凶その2、『女』。ギルティー。

俺は箸で女を指し「すばやく食え!」と麺をかきこむジェスチャーを送る。

OLは髪に添えていた手を放し、一心不乱に麺をかきこみはじめた。そう、それでいい。

ロットマスター(=俺w)の的確な指揮により生まれた規律と調和。

俺はさながら、オーケストラを指揮するコンダクターだ。この全能感、多幸感―――。

結果、全員がほぼ同時にどんぶりをカウンターの上に置くことで、

ファーストロットという名のコンサートは見事に成功し幕を閉じた。

店を出たところで、先ほどのOLと目が合う。軽く俺がウィンクをすると、彼女は恥ずかしそうに逃げていった。

この間俺のホームでいかにも遠征組ってのがいてワロタw

ウチのホームじゃ「ヤサイニンニクカラメアブラ」の順でコールすんのに

そいつは得意げに「ニンニクヤサイマシマシアブラカラメ」と注文しやがったww

おーい順番間違えてますよ、とw

店主に「ヤサイマシマシニンニクカラメアブラだね?」とか聞き返されてるし

他の客も大笑いwww

そいつ顔真っ赤にして「はい・・・」だってさw

あれはワロタよw

あーうちにもロット荒らしきますわ。夏休みの今は特に多い気がする。

あいつらって、なんとなく上から目線なんだよね~

なんか『うちのホームが一番。ど田舎に遊びに来てあげたよ』みたいなオーラでてるし。

『お、ここの大は食券の色違うw』とか言ってて、はぁ?って感じ。

コールタイムも『ニンチョモ、ヤサイ、気持ちアブラ』とか言ってんの。・・・なんすかそれ

『ニンニクは富士。ヤサイは多め、もしよければアブラも多少入れてください』だから。

店主も軽く笑ってるし。自分らのホームを全ての基準にしてんじゃないっつーの。

二郎には個性があって、全てが二郎なの。普段はブレブレ言ってるくせに、変なとこだけこだわりやがって。

うちのホームは店主もよくブレて、その日は幸い優しい店主だったけど、普段だったらキレてるよ。

あー当たりの店主見せてやりたかった。あいつらびびってホーム帰っただろうに。

どうせおまえら隠し豚も知らないんだろ。おまえら遠征組みは一見と一緒だから。

遠征は構わない。しかし事前の入念な下調べと謙虚な姿勢は忘れないでもらいたい。

ラーメン屋コピペ

「高菜、食べてしまったんですか!!!!????」

多分、僕の口の周りに微妙に唐辛子の味噌がついていたのだろう。

はい、食べました。美味しかったです。と答えた。

すると、「うちの店は初めてですか?(答える間もなく)何故高菜を食べたんですか?

スープを飲む前に何故高菜を食べたのですか? ルールがあるじゃないですか。

まずスープをというルールがあるじゃないですか!」

と18センチのまま一気にかましながら、持ってきたラーメンを手放さずにこう言った。

「これをお出しすることは出来ません。マナーに反する人はお帰りください」

唖然とした。「だってここに高菜が置いてあるから、食べちゃいけないなんて書いてないから食べました。

じゃあ、今から水を飲みまくりますよ。で、口の中を洗いますよ。

それでも駄目なんですか?」と訊ねたら、また同じことを言われた。

長男を見たら、長男は「あちゃー」という顔で奥でもじもじしている。

そっか、わかった。次は旦那さんだ。3秒ほど無表情で見詰めたら、反応があった。

「お客さんは酒を呑みますか? 利き酒って知ってますか? 

利き酒をする前に高菜を食べますか? そういうことです。そんな神経の人に食べてもらっては困るのです」

ここでまた奥さんがかまし始める。

「うちは看板も出さずに必死にやっているのですよ。スープを認めてくれないなら、やっていけないんですよ。

唐辛子が口の中に入っていたらまともにスープを味わってもらえないじゃないですか? 

そんな人にスープを呑んで味を判断されたら、もう終わりなんですよ、はぁーはぁーはぁっ」

うーん、なんだこの世界・・・・