ワサラー団公式サイト(Twitter→@wasarabit)

わさらーのブログです。ワサラー団連絡板。

twitterでおもしろかった発言を貼っていこうかと あと考察


Twitter超入門

猫っていうと魚好きなイメージがあると思うけど、実際には肉が好きなネコのほうが多いのよ。『イッパイアッテナ』に書いてあったから間違いないわ。


ルドルフとイッパイアッテナ

 

クレヨンしんちゃんの作者なら私の隣で寝てるわ。

 

ネタ元を知らないと成立しないのがパロディ。ネタ元知らなくても成立するのがオマージュ。ネタ元を知られて困るのがパクり

 

TSUTAYAで「トイレ借してください」って言ったら「何泊ですか?」って言われた

 

ブラウザで見たら☆の下にドクロマークがあって、このpostはつまらないと思ったらそれをクリックできるようにすれば良い。そしてふぁぼったーの姉妹版として「すべったー」を作って、それを晒す。

 

なにそれこわい 何故なのwhy 変えてよtry ダメならcry という謎の歌詞を思い付いた。

 

 

いいかい坊や、乳首は透けない。透けるのは服だ。

 

酒井法子が釈放され、いま一番慌ただしいのは恐らくCM業界。特にかっぱえびせんのCM出演依頼が熱狂的だろう。のりピーに「やめられない とまらない」と言わせればそれだけでバカ売れ期待大

 


Twitterの本

以下、俺のmiximixiボイス、twitterなどへの考察 in 俺のmixiボイス

 

ボイス機能になったせいで正直いっていままでエコーやってなかったやつらがTLにめっちゃ入り込んできて邪魔 なのにこっちの公開範囲の設定しかできないのか?リムーブしたいんだけど。

多分次は、「ボイスを表示させるマイミク」一覧ができてチェックマークを入れれるようになると思う。しかし、mixitwitterのまね事をすると、こりゃ国産のwassarはさらにユーザーをとられてしまうだろうな。現に多分俺がtwitter落ちたらこっちにくるし。ただここってtwitterみたいに発言しまくったらうざがれるのかな。

それじゃあmixiの日記と変わらないじゃん。いまままでは使いたい人しか使ってなかったから一人でしゃべりまくってたのにもうこれからは無双するといろんなマイミクからこいつうぜぇ。。と思われるわけですねわかります。だがあえてここで無双することでうざいヤツがいるからと、みんなを快適なtwitterへと移行する作戦。

俺がリムーブしたいと言ってたけど、むしろ俺をリムーブしたいのは他の人達の方だろう。僕はフォローもリムーブもOKなのでうざくなったら勝手にリムーブしてくれて結構です(笑)でもマイミクはきらないでね

これだけTLの流れが遅いと、下手に発言しまくれない。解決さくとして、マイミクとは別に、自分がフォローした知らない人のボイスだけを表示する機能はあるの?ないの?あるならいいんだけど。というかあったらおもしろいと思いますよ。まぁそれtwitterなんですけどね。宣伝宣伝。

 知らない人をまいんみくとは別でフォローできるようにすれば、ボイスから知り合ってマイミクをするって人も増えるだろうから、知り合いとの繋がりを強化させてmixi依存にさせたい運営側としてはいいと思いますが。あ、技術がないんですね!!わかってます。

GREEの増益を見て、mixiアバターを導入するような悪寒。アプリで金とりまくると思ってたら違ったし・・・・。これなら、ピコミクはあったままでも良かったんじゃないかと。あれ維持費かかるんすかね?あくまで、あんまり金をとりませんよというスタイルで退会者を減らす作戦か・・・・

 

mixiは国産のガラパゴスSNSなんだから、twitterやfbと連携なんてもっての他。英語に拒否反応起こすやつらがうざがり、逆からなだれ込んでくるやつらもmixiを馬鹿にするわで誰得。せめて連携できるのはWassarだろう。このように、日本って国は本当に標準をとりにいきにくい文化を持ってやがる。スイーツとかのせいだよ。

 

mixiの強みはやはり人数の多さ。大学生ならばmixiをやる、と相場が決まっている。これはやってる方にもやってない方にも大きなメリットとなる。そして重要なのは、リア友と深く繋がれること。単に色んな人と交流できるfbやtwitterとは用途が違う。住み分けをしてうまく使うべき

mixiは赤の他人と繋がっているわけでは無い分、リブログやRTなどで自分のものを他人に晒されることに嫌悪感を持つ人が物凄く多い。スイーツの巣窟なんだから当たり前だが。嫌なら発信するなよ。それだからよりいっそうガラパゴスになるわけで、mixiは日本の悪い文化そのものを表しているとも言えるのではないだろうか。

 

 

終わり。


Twitter活用ガイド